1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫52歳 自宅で年賀状印刷は、トラブルがつきもの。ネットで頼むなら郵便局

52歳 自宅で年賀状印刷は、トラブルがつきもの。ネットで頼むなら郵便局

-52歳-

<2018年年賀状デザイン>

年賀状の季節になると毎年、今年こそは自分らしいものを作りたいと思う反面、時間に追われてしまうために在り来たりのものになりがちです。

デザイン性もさることながら、今年は引越しをして新居での生活をスタートさせた大きな節目があったので、より気持ちが伝わるものにしたいと思っています。

以前よりも、年賀状の枚数が減ったのですがそれだけより親しい方々への挨拶になっているので、その気持ちを込めた内容にする計画です。

年齢的にも可愛らしいだけのデザインではなく味わいのあるものを選びたいと思っています。

そのためにも、事前の調査は欠かせません。

年賀状のやりとりは、やはりメールやラインにはない良さがあると思います。

忙しさに追われて年賀状を作る時間がなかなかないと気ぜわしくなるのは確かなのですが、やはり受け取ったときの気持ちは格別です。

デザインが凝っていればそれだけ楽しみもありますし、写真年賀状であれば近況がわかるのでありがたいものです。

しかし、印刷だけの年賀状であっても先方が出してくれる気持ちがなければ当然届くものではありませんので、それでも、気持ちは伝わるものだと思っています。

確かに、以前は家族全体のお付き合いの範囲が広いために、とりあえず社交辞令のようにして出し続ける人もいましたが、現在ではだんだんと家族のあり方も変わってきているために少数派となりました。

それだけ、お世話になっている方や親しい方だけに出すようになったのでより気持ちが伝わるようになって来ているのも、返って良いのではないでしょうか?

ほとんどが、パソコンで自作したり印刷会社で作成したものだったりしますが、なかには達筆なものが届いたりすることもあります。

くせのある文字で届いた年賀状に相手の顔を思い浮かべたりするひとときは、やはりお正月には欠かせないものだと思います。

時間にゆとりがあるなら自宅でも年賀状印刷できる

年賀状は、私の場合は家で印刷することがほとんどです。

それなりに、時間のゆとりがあるのでこれも実現できると思っています。

現在では、パソコンがなくてもダイレクトに印刷できる機器も登場してきているので、高齢者などパソコンが苦手という方でも作る楽しみを味わえるのではないでしょうか?

そもそも、時間的なゆとりがあってこそできるものだと思います。

私も、以前はどうしても時間が取れない時期もあり、印刷会社へ依頼したこともありました。

15年ほど前のことなので、デザインの見本もチラシ広告の中から決めざるを得ませんでした。

シンプルなデザインになりがちですので、どうしてもありきたりの印象になってしまいました。

確かに、短期間で作成してもらえるのはとても便利だと痛感しましたが、もしも、印刷会社に依頼するのであればできるだけ前もって検討しておくのが賢明だと思います。

安易に決めてしまうと満足がいかないこともあるからです。

しかも、早割サービスも印刷会社各社が充実して来ているので、できるだけ早い段階で申し込んでおくのがお得に利用できるというのも嬉しい魅力ではないでしょうか。

自宅で年賀状印刷。プリンターの失敗はつきもの

年賀状を自宅で印刷したときに失敗はつきものです。

まず、住所録の更新をしっかりしていなかったことで旧住所で印刷してしまうことです。
引越し案内をいただいたときに、すぐに変更を済ませておかないことが理由です。

今回は、私の方が住所変更のお知らせを夏に出しているのですが、相手が変更してくれているかどうかも少し気になってしまいます。

次に、プリンターの印字が滲むことも時々あります。

家庭でプリンターを使う頻度というのもそれほど多くありません。
そのため、プリンターの調子がやや悪くなることもあり、印字が滲んでしまうことがあります。

年末も押し迫ってきたときにプリンターの調子が悪くなると、改善するまでのテスト印刷も結構時間がかかるものですので、前もってプリンターの調子は確認しておくのがおすすめです。

そして、これも良くありがちなのが、宛名印刷をする際にデザインが3種類ほどある裏面の印刷を確認して印刷しなければならないのに、数枚、間違えて違うデザインに宛名を印刷してしまうこともあります。

慌ただしい時期に作成するのですが、ついうっかりして注意点を守らなかったために年賀状を複数枚無駄にしてしまうこともあります。

書き損じはがきとして交換してもらうことも珍しくありません。

今年は、慎重にミスなく印刷したいものです。

ネットで年賀状印刷する時、間違った時の不安がある・・・

年賀状印刷を印刷会社に依頼するときは、ネットはどうも間違ってしまったらどうなるのかが心配になります。

慣れている方ならそんな悩みもないのでしょうが、印刷会社へ直接出向いて依頼したことしかないので、そんな悩みが浮かんできてしまいます。

郵便局ならその点、いつでも最寄りの店舗へ行って受け付けてもらえるので安心感があります。

確かに、値段だけの比較ならネットの印刷会社がおすすめかもしれません。

郵便局のサービスもとても充実して来ていて、安くするためには早期割引の期間であれば印刷代が15%オフになるのでお得に利用できるでしょう。

しかも、柴犬の年賀状も今年は登場して来ているので、犬好きな私にとって魅力を感じます。

来年の干支とのコラボで柴犬を入れたデザインが選べるのであれば、思い切ってデザイン性の高い年賀状印刷を依頼しても良いのではないかと思います。

年賀状の印刷は、まだまだ先のことと思う頃から、色々なスーパーやネット、チラシ広告でも見かけるようになります。

できるだけ価格を抑えて準備をするのであれば、先のことだと思い込まずに情報を色々入手するのが賢明ですね。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。