1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫ネットで年賀状印刷ならネットプリント!自宅では、プリンター選びが大変

ネットで年賀状印刷ならネットプリント!自宅では、プリンター選びが大変

-51歳-

<2018年年賀状デザイン>

個人的なことで色んな人に心配をかけたので、元気でいることを伝えられるような年賀状を送りたいと思っています。

メールで年賀状の代わりに挨拶をする知り合いも増えてきていますが、長年付き合いのある人は毎年年賀状を送ってくれますし、自分も送っています。

これまでの束を見ると、その年数の重さというものが実感できますし、色んなことを思い返すこともできます。

やはり形があるものだからこそ、そのような記憶を蘇らせることもできるのではないかと思います。

付き合いのある人がかなり多い人は、1枚ごとに手書きで書くのは大変かと思います。

そこで特に親しい人だけでも、その時に思うことなどを添えて書くと良いのではないかと考えます。

そのような年賀状を受け取る側は、非常に嬉しいものです。

そして貴重な財産として手元に残ることになります。

これはメールでは味わうことができないものですし、人との付き合いという自分だけの財産を形として残していけることになります。

若いうちはそのような実感もあまり湧かないかもしれませんが、歳を取ってくると長くやり取りを続けて良かったと思えるのではないかと考えます。

ネットプリントで年賀状印刷は思ったほど高くない

年賀状は枚数が少ないのであれば、家で印刷しても良いかと思います。

ただ、ネットプリントを利用すると、割と安い料金で頼むことができるので便利です。

オンデマンド印刷なので家庭用のプリンターのような感じですが、仕上がりはかなり綺麗です。

データの作成には手間がかかりますが、1枚ごとに違うメッセージを添えて印刷することもできるので、かなり便利ではないかと思います。

もし数百枚単位で年賀状を出すのであれば、オフセットで仕上げる印刷会社が良いかもしれません。

オフセット印刷はオンデマンド印刷よりもさらに高品質ですし、カラーの発色も綺麗なので喜ばれると思います。

宛先はオンデマンドのように1枚ごとに印刷することはできません。

ラベルを貼ったり手書きで書き込むことになります。

もし宛先だけはオンデマンドで対応する印刷会社があれば便利でしょう。

料金はそれなりに必要になりますが、それだけの枚数を家庭用のプリンターで印刷するとなるとかなり時間もコストもかかります。

実は、自宅印刷はプリンターの性能に合わせた写真選びなど難しい

年賀状を自宅で印刷するならば、まず印刷専用のハガキを購入することは基本です。

通常の年賀状ハガキではインキが染み込んでしまうので、色の発色があまり良くありません。

写真をプリントする際の注意点として、プリンターの性能に応じた写真選びが挙げられます。

プリンターがそれほど細かな印刷ができないのであれば、細かな写真はつぶれてしまいます。

大勢の人が写った写真は、顔がよく分からなくなるので注意が必要です。また写真の絵柄によっては、インクもかなり使うことになるのでコストには注意が必要になります。

同様にイラストをプリントする場合にも、あまりに派手な色使いのものとなるとインキトナーの費用が結構かかることになります。

あまり細かなデザインにせずに、シンプルかつインパクトのあるものにすると良いかもしれません。

特に自営業を行なっている人が顧客に向けて出す年賀状は、このようなコスト意識を持ってデザインを考えることが大切ではないかと思います。

年賀状を印刷会社に頼むなら、通販型のネットプリントが便利かと思います。

通常は数百枚も送るようなことは少ないので、オフセット印刷で仕上げる一般の印刷会社では料金がかなり高くなります。

オンデマンドならば料金単価がそれほど高くないのでリーズナブルです。

納品も早いので、年末で忙しくしている人にとっては、すぐに仕上げてくれるオンデマンドが役立つのではないかと思います。

ただし納期が短くなるほどに料金設定も高くなるので、極力安く仕上げたいというのであれば余裕を持って早めに注文する必要があります。

ネットプリントは注文時に納期を指定して、そこで料金が決まるというケースが多いものです。

その注文ですが、サイトから簡単に行えるようになっているので便利です。
デザインのテンプレートも色々と選べるようになっています。

また宛先も1枚ごとにプリントしてもらえるので、あとでシールを貼るような手間がかからずに便利かと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。