1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫41歳 子供の写真入り年賀状ができると自己満ですが嬉しいです。家でもっぱら印刷

41歳 子供の写真入り年賀状ができると自己満ですが嬉しいです。家でもっぱら印刷

<2018年年賀状デザイン>

子供がいますので、子供の成長がわかる写真入りの年賀状を送る予定です。

年賀状は毎年毎年、出す人や喪中の人の確認からはじまり、写真の選定、我が家は最近は自宅で作成するのでテンプレートの作成など、ホントにめんどくさい作業が多い。

主人の会社の人にも出すので、失礼がないようにとホントに年末の忙しい最中、大変な作業ですが、自分の満足いく年賀状が出来るとホントに嬉しいです。

また、子供の写真が可愛い写真がたくさんあると、複数の種類の年賀状を作ったりします。

ただの自己満足とはわかっていても、満足感がでます。

また、年賀状が来るとお正月だなぁと感じがするし、子供の写真入りの年賀状が来ると大きくなったなぁって感慨深いです。

でも、大人が入っている家族写真を見ると、恥ずかしくないのかなぁ、と思って見たり。

ただ、写真も何も入っていない、会社関係の付き合いだけの年賀状を見ると、やっぱり儀礼の年賀状はいらないなぁと思います。

主人の会社では、写真同士の年賀状は基本しないようにとの事ですが、出し合っているのが現状で、もっと会社が強く言ってくれないかなぁと思ってます。

でも、友達同士の年賀状のやり取りは、なかなか会えない友達とも近況報告が出来るし、やっぱり必要だなと思います。

子供ができてから家で年賀状印刷

年賀状は子供が出来てからは、もっぱら家で印刷します。

なぜかと言うとズバリ経費削減です。

プリントアウトの手間もかかるし、出来たら印刷会社に依頼したいけど、出来るだけ費用はおさえたいのでお家プリントです。

ただ、最近はテンプレートのソフトを毎年買ったり、プリンターのインクを買ったりと、経費が意外とかかってて、ホントにお家プリントの方が経費削減できてるのか、ちょっと疑問を感じています。

疑問を感じていても、ホントにどっちが安いかは検証はしてないんですけどね。

そろそろしないといけないなぁ、と思いながらネットを含めるとたくさんの会社もあるし、選択の範囲が広すぎて探すのがめんどくさいと言うのが本音です。

昔結婚しました写真をスーパー経由で印刷会社に依頼した事があるので、一度スーパーにチラシをスーパーに見に行った事があるのですが、年賀状のとっかかりが遅すぎて、印刷会社に依頼する締め切りが過ぎていた、って事がありました。

いかんせん腰が重いって事ですね。

自宅で年賀状印刷する時のトラブルは、カラー設定

年賀状を自宅で印刷する時によく失敗するのは、印刷設定でカラーではなく、モノクロになっている事です。

一枚試し刷りをして、大丈夫だなぁと思って大量にプリントアウトしようとして設定してその場を離れたら、カラー設定が出来てなくて、愕然とした事があります。

あと、年賀状の紙がちゃんとセットされていなくて、宛名をプリントアウトしていたら、徐々に位置がずれてきていて、郵便番号の欄にしっかりと数字が入っていなくて、なんかモヤっとした記憶があります。

このときは、印刷しなおす程でもないけど、なんだか気持悪くて年賀状が出来たぞ、って言う満足感は得られませんでした。

そして、自宅で印刷する上で一番の注意点は子供です。

プリンターから年賀状が出てこようものなら、なんだなんだと二人の子供がプリンターの前でスタンバイ。

なんせ、自分達の写真が入ってるハガキが出てくるので、出てくるたびにプリンターを触ったり年賀状をどこかに持って行ってしまったりと大騒ぎ。

とても作業がはかどりません。自宅印刷をする最大の注意点は、子供が寝た後にプリントアウトするです。

結婚しましたはがきを富士フイルムに!なのでもしネット印刷するなら

もっぱらお家印刷な我が家ですが、昔に結婚しましたハガキを富士フイルムに依頼した事があって、やはり仕上がりが良かったので、もし年賀状を印刷会社にお願いするなら、富士フィルムですね。印象が凄くいいです。

経費削減が課題の我が家なので、お安くするにはネット印刷などのお手軽な会社に依頼した方がいいとは思うのですが、やはり画面で見るのと実物では違いも出てくるし、会社関係の方にも出しますので、せっかく印刷会社にお願いするならやはり仕上がりがいいところがいいです。

依頼したはがきが自宅に届いたときに、がっかりするのは嫌ですね。

ただ、いろんな方のブログ等でネットプリントの情報を見ていると、利用している方もたくさんいるので、やはり経費削減の為に色んな情報を集める事はしないといけないなぁと感じています。

どうしても、アナログ人間なので、カタログベースで見たい部分もあるので、そこから直さないといけないのかな、と思います。

今は、請求書等も紙ベースでは有料になり、時代に対応していかないと、お得情報を逃してしまうのだなぁと感じました。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。