1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫35歳 年賀状印刷を自宅でするとインクでトラブル・・・印刷会社が一番

35歳 年賀状印刷を自宅でするとインクでトラブル・・・印刷会社が一番

<2018年年賀状デザイン>

2愛犬の写真入り年賀状

最近はメールで送る人が多いですが、やはり年賀状をもらうと嬉しいです。

普段なかなか会えない友人や知人などや、家族や友人に新年の挨拶があらたまってできるのは、すごく嬉しいと思います。

相手からも年賀状が来ると相手が元気な事が確認ができるので、なんだか安心しますし、なかなか会えなくてもほっとできる瞬間が年賀状にはあると思います。

新築を建てた事や、子供が産まれた事や、結婚をした事についても近況報告がさらりとできるのは、すごく良いと思います。

一年に一度だけでも繋がっている感じがして、やはり、昔からの年賀状は良いなぁと実感します。手書きメッセージがあれば、より暖かい気持ちになれますし、すごく嬉しくもなります。

普段会わない人に年賀状を出すとおもわず電話をしたくなり、電話から、次会おうという約束にもつながったりします。

友達との絆確認にもなりますし、年賀状は人と人との繋がりを大事にするものなんじゃないかと思います。

年賀状印刷は、印刷会社に依頼するのが一番

年賀状は、印刷会社にお願いするのが一番だと考えます。

なぜなら、やはり家で印刷すると、失敗してしまったり、インクが足りなくなりなんどもお店に走ったりしなくてはならずに、時間もかかり、コストもかかりすぎてしまうと感じます。

印刷会社に頼むと、すごい綺麗に仕上がり自分的にも満足ですし、値段も多少高いくらいで、そんなに変わらないように思います。

もらった友人にも綺麗な年賀状をありがとうと感謝されますし、祖父母たちにも大変喜ばれます。

デザインもすごく沢山あり、気に入ったデザインをみつけられますし、最近では、お店に出向かなくてもインターネットから注文ができて、配送も自宅まで届けてくれるので、面倒な事が一切なくて本当に簡単に手軽に年賀状が頼めるのが魅力的だと思います。

メリットその1は、印刷枚数が多ければ多いほど印刷単価が安くなる傾向があるということです。

印刷会社によっては価格は違いますが、百枚単位の年賀状を印刷するとなった場合などは、サービスや割引などが適応される場合が多いです。

自宅で印刷するよりも安くあがります。

自宅で年賀状印刷するとインク問題が必ず起きる

年賀状を自宅で印刷すると、まずはインクを総取り替えしなくてはいけません。

インクは、時間がたつと劣化しますし、やはり変えなくてはいけないので、初期投資がかかります。

あとは、思い通りの年賀状を作るのには、かなりの手間や時間がかかってしまうデメリットがあります。

年末の大掃除をしたりする忙しい時期にわざわざ年賀状を作る時間を確保しなければならないのが大変です。

近年の家庭用プリンターは、すごく良くなっていて、印刷するスピードもかなり早くなっていますが、大量のハガキを印刷するとなると、やはり時間がかかりました。

また自宅でやった時にインクのにじみや汚くなるかすれ印刷が意外にも多くて、最低でも2.3枚は、ハガキが無駄になりました。

しかも、なんとなく思い通りにできる事が少なくて、もっとこうしたいのにと思っても、なかなか難しいものです。

自宅で印刷をする人は、時間がたっぷりある方にオススメなんだと思いますし、細かい作業が好きな人に向いています。

郵便局か富士フイルムに年賀状印刷を依頼

年賀状印刷を印刷会社にお願いするなら、私の周りでは、郵便局か、富士フイルムです。

郵便局は、近くにありますから、だれでもすぐに注文できますし、手軽というイメージが強いです。

私は昨年も今年も富士フイルムにお願いしました。

富士フイルムは、なんといってもフレーム数が多いのが特徴な事とともに、写真入り年賀状の場合、印刷の色が他と違いかなりクリアで鮮明で美しいです。

富士フイルムの年賀状は、近所の写真屋さんで注文していましたが、インターネットからも注文できる事を知り、これからも富士フイルム株式会社の写真入り年賀状印刷を頼もうと考えています。

安く仕上げたい場合は、枚数に関係あります。

沢山やればやはり一枚あたりが安くなりますし、あとは、フレームを選ぶ時に基本料が安いフレームをセレクトすればかなり安く済みます。

富士フイルムはフレームがキャラクターものが沢山あり、子供からも人気となっているみたいで、うちの子供も毎年選ぶのを楽しみにしています。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。