1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫40歳 夜なべして自宅で年賀状印刷。インク、上下、裏表などうっかりミスも

40歳 夜なべして自宅で年賀状印刷。インク、上下、裏表などうっかりミスも

<2018年年賀状デザイン>

2018年の年賀状は、今年はちょうど子どもの七五三があるため、親戚や友人あての年賀状は七五三の家族写真などを使いたいと思っています。

会社関係の年賀状は無難なところで干支を入れたものになると思います。

最近減りつつあるように思える年賀状ですが、いまだ大切な日本の文化であると思っています。 

日常のやりとりはメールやSNSで近況を分かち合えるとしても、毎年年賀状の作成の時期には改めて相手を思い出しながら、一人一人への文章を考え、住所を書き、宛名を書いてポストに入れる。

年賀状は届くまでにいろんな人の手を介し、日本中を旅して届きます。

お正月を迎えるまでの大事な課程であるようにも思えますし、そういった意味で。

日本の大事な文化の一つであり、礼儀の一つであると考えます。 

また、お正月にポストを開け、年賀状をチェックすることも楽しみの一つです。

届いた年賀状を「これは誰宛」、「これは自分の」…と分けること自体も楽しみであり、家族団らんの時間です。

面白い年賀状があれば家族でそれを見せ合い、○○さん元気だね、○○さんのところはこんなに子どもたち大きくなったね…と、スマホやSNSはあまり家族で公表しあうこともないですが、年賀状をもとにお互いの人間関係の会話もできる。

貰った年賀状を通しての家族でのコミュニケーションはお正月のゆったりした時間の中で大切なひとときです。

我が家は、夜なべして慌てて年賀状印刷するのが定番

準備する時間がたくさんあるときは印刷会社に依頼していますが、たいていは年賀状に載せるデザインや写真をゆっくり吟味する時間がなく、慌てて家で印刷していることが多いです。 

もちろん、プロの業者を通していますから、印刷は印刷会社が印刷したほうがきれいですし、見栄えも良いように思えます。

しかし、注文から印刷したものをチェックしてそれに対する返信をしたり、印刷したものを受け取るまでの印刷会社とのやり取りを考えると少し時間がかかりすぎてしまい、年末の忙しい時期には少し手間です。ま

た、費用も結構高くついてしまいますし、我が家のように子どもや家族写真付きのプライベート用と仕事関係の人間関係に送るものとを分けている場合には2パターン分の費用がかかるので少し無駄な気がします。

 したがって、毎年慌てて年賀状を買いに行き、夜なべして年賀状を印刷するわけですが、自宅での印刷は間違えてもすぐにやり直しがきくことや数種類のパターンを使っても大して費用がかわらない事、そしてあまり時間を気にせず作成できること、万が一自分が出していない人から年賀状が来てもすぐに印刷をすることができることです。

自宅で年賀状印刷する時のうっかりミスとは

裏表や上下を逆に印刷してしまう等のうっかりミスは結構あります。

新しいプリンタに変えてからはPCでどちらの向き…という指示が入るので割と間違いも減りましたが、年末の忙しいときに夜なべをしながらボーっとしているとうっかりミスは増えているように思います。

また、仕事関係に関しての宛先印刷はPCで管理して印刷していますが、その印刷も郵便番号の欄が枠からはみ出してしまったり、少しずれてしまったり、インクの汚れがついてしまったり…とプリンタの設定に関する小さな失敗は多いので、先にテスト印刷などをしてから印刷する等の手間は必須です。

そして、印刷の最中にインクが切れたり、年賀状自体が足りない事も多々あるため、そのたびに買いに走ることを考えると事前にインク量などをチェックし追加分は用意しておく方が集中して年賀状作りに取り組めるために良いと思います。

その他、インクノズルの汚れなども印刷する前に綺麗にしておいた方が良いです。

せっかくかわいい子どもの写真を印刷しても、顔に線が入ってしまったり…ということも多々あります。

色等も印刷するとくすんだり、紙質によってはPCで見るときのようには印刷できないので、そのあたりの調整も大切かと思います。

プライベートは、フジカラー!仕事関係は郵便局に年賀状印刷を依頼

もしも今年印刷会社にお願いするようであれば、プライベート用は以前使ったことのあるフジカラー、仕事関係のものは今まで使ったことがないので郵便局を利用してみたいなとは思います。

理由は、フジカラーの印刷が今まで使った中で一番きれいで、そしてネットで自分でデザイン、カードでの支払い等も可能で非常に便利でした。

仕事関係で郵便局を利用してみたい理由は、家の近くに郵便局があることと、デザインがきれいで選択肢がたくさんあることです。

また、郵便局はいつ頼むか、どうやって頼むかによっても5%、10%、15%等と割引の種類も豊富のようなので、、その時の状況に応じて選ぶことが出来そうなので一度試しに使ってみたいと思っています。 

プライベート用のものに関しては、もしかしたら、フジカラーの他にも印刷がきれいで早割等の割引があるものを探せばたくさんあるかと思います。 

ただ、今年の我が家は子どもの七五三の写真を使いたいので、七五三が11月にあり、その写真事態が届くのがそのあとであることを考えると早割の特典を受けられるまでに準備が間に合うかは若干不安です。

12月の頭くらいに、割引がまだある印刷会社があればそちらを探すかもしれません。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。