1. ホーム
  2. ネットで年賀状印刷
  3. ≫50歳 自宅で年賀状印刷を続ける理由とネットで年賀状印刷なら郵便局の理由

50歳 自宅で年賀状印刷を続ける理由とネットで年賀状印刷なら郵便局の理由

<2018年年賀状のデザイン>

子供たちの写真入りの年賀状です。

年齢的にも、少し落ち着いた感じにしたいと思っています。

家族がほのぼのと生活している姿を写真で表現し、文字できちんと新年のあいさつが出来たらいいなと考えています。

年賀状は毎年、子供たちの写真をメインに作っています。

年賀状は、友達や親戚などに、家族の近況報告ができる良い機会だと思います。

新年の挨拶のために出しますが、子供が生まれてからは必ず子供の写真を入れるようにしています。

コメントは添えなくても、子供たちの顔を見てもらうことで成長している姿が想像できるからです。

私たちの子供を見てほしいという気持ちが強いです。

独身の頃は、年賀状は形式だけのものとして考えていました。

何となく書いて、届いたものをサラッと見る程度で終わっていました。

しかし、今ではなかなか会えない方へ、そしていつもお世話になっている方への感謝の気持ちも入っています。

お互いに年賀状を通してつながっているように感じ、元気でいるという証拠になるからです。

年齢とともに、悩みが増えたり体に不調が出てきたりしています。

年賀状は、心の支えにもなっています。

面倒だなと思うこともありますが、お正月の楽しみの一つでもあります。

年賀状は、印刷していても写真があることで、心が伝わっているようにも感じます。

私が家で年賀状印刷を続ける理由

年賀状は、家で印刷しています。

便利なのは、印刷会社に頼む方ですが、自分で時間をかけて印刷したいです。

年賀状はパソコンで作っています。
ワードで、一から自分で作っていきます。

テンプレートに写真をはめ込むだけではないので、家で印刷するものだと思っていました。
年賀状を作るときはワクワクします。

数年前からは、両親の分も作っています。

自分で作るとオリジナルの年賀状ができることや、文字の大きさも自分で変えることができます。

出す人に合わせて内容を変えることもあるので、家で印刷した方が速くて便利です。

足りない分の追加もすぐにできます。

以前に比べると、年賀状を出す枚数は減りました。

仕事関係で知り合った人への社交辞令で出していた分をやめたからです。

枚数が多かったり、仕事が忙しくて作る余裕がなかったときは、印刷会社へ依頼していた頃もありました。

15年以上前のことです。

結婚後は、夫婦で協力できることもあり、必ず家で印刷するようにしています。

自宅で印刷する時、裏表や印刷の方向で悩む

自宅で印刷するときにいつも迷ってしまうのが、裏表や印刷の方向です。

きちんと確認したつもりでも、必ずと言っていいほど印刷ミスをしてしまいます。

最初に試し印刷用に、はがきの大きさにコピー用紙を切って用意します。

そのまま入れてしまうと、表裏がわからなくなってしまうので印をつけて行います。

覚えていたらいいのですが、なかなか覚えられずうっかりミスの原因になります。

他には、印刷の途中でインクがなくなってしまうために、色が変色することです。

我が家のプリンターは、無くなってからインク液を補充しています。

そのため、補充後はインクが滲みやすかったり、はがきの周りに汚れが付くこともあるので、印刷中は注意深く監視していなければなりません。

はがきが重なって出てくることもあります。

すると、その後のはがきが、ずれて印刷されることがあります。

面倒でも1枚ずつプリンターにセットして印刷するのが、一番きれいに印刷できる方法です。

インク汚れもありません。

はがきは多めに買っておかないと、追加で何度も買いに行くことになります。

ネットで年賀状印刷は、郵便局が便利

年賀状印刷を印刷会社にお願いする場合は、郵便局が便利です。

早割があることや、家の近くにあること、そして種類が豊富だからです。

安い印刷会社は、良いデザインがなかなか見つかりません。

郵便局は、どんどんサービスが良くなっているように感じます。

デザインの種類が豊富で、良いものが揃っています。

早めの注文で安くなるのがうれしいです。

また、手元に早く受け取れるので、宛名書きに時間をあてることができます。

ネットで申し込みや、郵便局の店頭でも申し込みが可能なので、それぞれ家庭に合わせた方法で利用できます。

何よりも、郵便局という安心感があります。

9月1日から申し込みができるというところも、便利な点です。

年末が忙しくなる方やたくさん年賀状を出す予定の方には、早めに行動ができます。

早期割引と、ネット割引を使うと、最大で20%も割引になるので、お得感もあります。

年賀状印刷だけでなく、料金はかかりますが、宛名印刷サービスもあるので助かります。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。